DESCENTE[デサント]【17/18・CMP-7111】ジャケット ROSSIGNOL ★スキーウェア グローブ


DESCENTE[デサント]【17/18・CMP-7111】ジャケット ROSSIGNOL ★スキーウェア グローブ



当店で取り扱っている商品は全て安心の日本正規取扱品です。 「並行輸入品」等ではありませんのでご安心下さい。 【CMP-7111 S.I.O JACKET 60/FREERIDE】 際立つ存在感。パーソナルでもチームでも。 SKIシーンでの理想的な運動性・快適性・シルエットを実現したS.I.Oジャケット。 大きなブロック切替で、CMP-7511とのコーデがオススメ。 FABRIC : パウダーリップ(ナイロン100%)セボナータッサー(ナイロン100%) INSULATION : 60g中綿(ポリエステル100%) LINING: ヒートナビ®アルミプリント(ポリエステル) PROCESSING : 耐水圧 10,000mm 透湿性 4,000g/m2/24h [A-1] MANUFACTURED : ベトナム 【このジャケットの推奨パンツ】 CMP-7511(PANTS 40) 【在庫・品質管理について】 こちらの商品は楽天販売分として注文可能数量の在庫を確保しております。 残り一つでも店頭展示品等ではありません。ご安心下さい。 生産の過程上、縫製作業の糸の継ぎ目、擦過による小さな汚れ、プリント等のムラ、シルエットやサイズにおける数センチのバラつき等が生じる場合がございます。予めご理解頂けます様、よろしくお願い致します。 【デサント・日本正規取扱店】 フランス語で「滑降」を意味するデサント。そのトレードマークは 「直滑降」「斜滑降」「横滑り」を表現している。常に最も優れものに目をむけ、世界最高水準のプロダクトを積極的に製品化しているウェアーカンパニー。 【デサント・取扱アイテム一覧】 https://item.rakuten.co.jp/f-janck/c/0000000716/

DESCENTE[デサント]【17/18・CMP-7111】ジャケット ROSSIGNOL ★スキーウェア グローブ


DESCENTE[デサント]【17/18・CMP-7111】ジャケット ROSSIGNOL ★スキーウェア グローブ,モリタインテリア製180TVボードガリーホワイトオーク2色対応(RN/ON)RN:ウォールナット材/ON:ホワイトオーク材セラウッド塗装レール付き引出し、背面化粧仕上げ。開梱設置送料無料(北海道・沖縄・離島は除く) インテリア・寝具・収納?ザ ノースフェイス The North Face メンズ スキー・スノーボード アウター【Resolve Insulated Jacket】Asphalt Grey オンライン!

,教室 ) 学習机 コンパクト ツインデスク 勉強机 wit's ラック・チェスト付 ( 送料無料 机 デスク 子供 木製デスク リビング 学習 キッズ 家具 収納付 シンプル 子供用デスク・チェア 大人 おしゃれ 大学生 2人用 オフィス 入学祝い 塾 フィッツケースプラス,;,6.5インチポケットコイルマットレス クイーン 6.5インチ 国産 ソフト/ハード 選べる寝心地 抗菌・防ダニ スプリングマットレス 幅80(×2枚)×長さ196×厚さ26cm.,スキー・スノーボード スキー用ウェア,,テレビボード テレビ台 幅140cm ロータイプ フラップガラス扉 [マテリア] 収納 Materia TM D2 140-LG 【奥行2cm】 オンライン..

DESCENTE[デサント]【17/18・CMP-7111】ジャケット ROSSIGNOL ★スキーウェア グローブ,https://image.rakuten.co.jp/victoria-online/cabinet/2/3130301_4/6646056_1_m.jpg DICE.

.,スキー・スノーボード スキー用ウェア!,新品 本棚・ラック・カラーボックス Acoustic Design アコースティックデザイン 移動式LPラック AD-MVLPR AUDIO,,スキー・スノーボード オンライン,スキー・スノーボード オンライン!lululemon ルルレモン 公式 レギンス レディース フィットネス ボトムス Train Times 7/8 Pant Lush Lillies Multi 海外 トレーニングウェア アスレジャー,.スキー・スノーボード スキー用ウェア,スキー・スノーボード オンライン??.!DESCENTE[デサント]【17/18・CMP-7111】ジャケット ROSSIGNOL ★スキーウェア グローブ?DESCENTE[デサント]【17/18・CMP-7111】ジャケット ROSSIGNOL ★スキーウェア グローブ,,


DESCENTE[デサント]【17/18・CMP-7111】ジャケット ROSSIGNOL ★スキーウェア グローブ,DESCENTE[デサント]【17/18・CMP-7111】ジャケット ROSSIGNOL ★スキーウェア グローブ 【アウトレット・SALE】



DESCENTE[デサント]【17/18・CMP-7111】ジャケット ROSSIGNOL ★スキーウェア グローブ


 

を主催されている堀E.正岳さんという方がいらっしゃいます。

このブログを見ている方でしたら知っている方の方が多いのではないでしょうか。

私も例に漏れず堀さんのファンです。

思えば9年前だったか、買ったばかりのiPhone3Gの地図を頼りに(iPhoneにコンパス機能がなかったため、会場が名古屋駅の東口か西口かがわからず迷ったのもいい思い出)、堀さんの「7つの習慣」と「ユビキタスキャプチャー」のセミナーに参加してガツンと衝撃をうけたのでした。

その前後、Web界隈ではGTDの盛り上がり、大手メディアlifehackerが立ち上がったりと「Lifehack」という言葉がバズワードになったように記憶しています。

【Tips】iPhoneアプリ「1Password」でアプリ内ブラウザを表示する方法

 


アプリIPhoneの人気パスワードマネージャーアプリ「1Password」がバージョンアップされ、操作方法が若干変更となりました。

UIの変更はすぐ慣れましたが、アプリ内ブラウザの再表示方法が分からず機能が削除されたのかと思いました。

ただ、アプリ内ブラウザは必須とも言えるほど便利な機能なので、無くなることはないと思い試行錯誤してみたところ表示する方法を発見。

アプリをバージョンアップしたばかりの方が、まず迷う部分なので以下に簡単ですが操作法を紹介したいと思います。

 

 

以前使っていたカメラが大好きでした。

そのカメラはsigmaのDP1 merrill。

自然な色と質感で印象深い写真が撮れました。

ただ、Youtuberのdrikinさんの影響で、自分の趣味が写真から動画に変わったことで状況は変わります。

動画撮影(Vlog)のため、尊敬するYoutuberのJeremy kruisさんが使っているsonyのa6500(Jeremyは6300ですが)に移行しました。

そして、写真撮影を考えると、DP1 merrillはraw現像をsigmaの専用ソフトを使って行う必要があるため、使用回数が減っていたため結局手放すことになりました。

その後、a6500とsony純正のレンズ18-105mm F4.0で動画撮影していましたが、どうやらレンズはsigmaがやはりいいぞということになります(自分の中で)。

そして、購入したレンズがsigma 30mm F1.4 DC DN。

これが素晴らしい描写で、レンズを変えただけで「よくなったね」と褒められるようになりました。

sigmaレンズがもつぱきっとしているけれど、やさしいボケなどはDP1 merrillで好きだった部分です。

やっと動画だけでなく撮影にも使える装備を手にすることができました。

さて、ここで登場するのが2017年11月22日に発売のsigmaのレンズ。

です。

Macの純正メールソフトでメール送る際「シュヲーン」という派手な効果音が鳴ります。

メールを送るたびにこの派手な設定音が鳴っては困るので設定を見直しました。
ウェブではあまり情報がないようだったので共有します。

設定自体はいたって簡単です。


    2017.10. …  サイトへ移動

先日、HEATWAVE 2017年二枚目のアルバムはセルフカバーアルバム「Your Songs」と発表がありました。

曲順は公式サイトを確認していただくとして、どの曲も確かにいまのメンバーで聞いてみたい曲ばかり。

コーラスに矢井田瞳さん、バイオリンに岡村美央さんを迎えて、バンド史上最強のHEATWAVE布陣に有機的な広がりと深さが加わっているのではないでしょうか。

Kindle(電子書籍)で本読む時、文字を最大にして読み進めるというテク


KindleUnlimitedを再登録してみました。

ライターの、小寺信良さんと西田宗千佳さんの「金曜ランチビュッフェ」を読みたかったからです。

せっかくのUnlimited。他にも面白そうな本も多いのでいろいろ読んでみようとダウンロードしているのですが、最近は雑誌ばかり読んでいて文字が多いと読み進めるのがつらく感じてしまいます。

これでは残念だなと、読みやすいようにちょっと工夫してみました。

ただ、正直、邪道です。

ただ、理屈は紙の本でしていた「付箋」を読みおわる1行ごとに貼り付けるといった栞の運用方法を電子版に置き換えたものです。


Excelには「行と列」を入れ替える方法があります。

先日、Numbersで同様の機能を使いたいと思ってネットで調べたのですが、なかなか複雑でわたしには再現ができませんでした。

そこで、アップルのヘルプから調べたところ、実はMacのNumbersではできないのですが、iOSのNumbersだと簡単に実現できる方法があったのでご紹介します。

マックで利用している方も、iPhoneまたはiPadで編集してから操作すればもちろん大丈夫です。

 

先日、Alex Chiltonの「A Man Called Destruction」のBonus Track有り盤が発売されました。

もともと「A Man Called Destruction」はchiltonのスタジオアルバムとしても、かなり丁寧につくられていただけあって、そのouttrackも演奏、アレンジ、歌唱と聴きごたえ十分。

Chiltonファン必聴の1枚となっています。

(さらに…)

スキーゴーグル【2018UVEX】contest:ホワイトマット ジュニア

 

前作「Lost in the Dream 」から聴き始めていますが、今作もとても好きです。

ダークなジャケットと前作より内相的なサウンドが、夏の終わりにマッチ。

カメラがほしいです。

今はsony a6500を使っていますが、ほぼ動画用なので自分の見た一瞬を残す道具としてのカメラを探しています。

派手でも控えめでもなく、見たときの感動を記憶のままの素直な空気で映し出すカメラ。

 

以前はsigmaのdp1merrillを使っていました。大好きなカメラで、自分がみたままを素直に映し出してくれていると思えました。

ただ、merrillは現像が前提なので、ものぐさな自分には作品にするまでのコストの高さで挫折。

その後、自分の見たままを残せるカメラを探しています。

【NEWS】The Replacementsのニューライブアルバムから『Can’t Hardly Wait』をチェック

The Replacementsのライブアルバム「For Sale: Live at Maxwell’s 1986」がAmazonでは2017年10月6日に発売予定です。

「Tim」のリリースが1985年、「Pleased to meet me」が1987年ということで、1986年はバンドとして勢いのあった時期。CD二枚組のボリュームで、全29曲。

以前に海賊版で、この時期のライブを聴いたことがありますが、途中まで噛み合わない演奏が続きながら突然火花が飛び散る演奏始めて鳥肌がたった記憶があります。そういう、ロックンロールバンドらしさが聴けるといいなと期待。

発売はまだ先のようですが、Apple Musicで先行して「Can’t Hardly Wait」を聞くことができます。


Alex Chilton、1995年のアルバム「A Man Called Destruction」が、ボーナストラック7曲追加で登場します。

相性抜群のメンフィスホーンズとのセッション「Sick and Tired」から始まり、キュートなカバーの「What’s Your Sign Girl」、YouTubeでもライブをみることができる「Lies」など聴きどころたっぷり。

このアルバム以降は、JAZZやR&Bのカバーが多くなるので、チルトンロックンロールの後期を感じることができるアルバムとしておすすめです。

 

「Penny」(ミニクルーザー)の、ブレスレットブランド「」とのコラボモデルが最高にかっこよくて一目惚れ。YouTube動画を3つ見つけたので紹介します。

今持っているPennyは、初めてのスケボーということで人気色を深く考えずに購入したものです。Pennyで滑ることが生活に馴染んできたので、そろそろ他の色も欲しいと物色していました。

 

今回Pennyがコラボした「ストーム インテリア・寝具・収納」は初めて知ったのですが、カリフォルニアのブランドで、靴紐にインスパイアされたブレスレットを販売しています。

Pennyが持つ陽気な雰囲気を、ストリートなスタイルにクールダウンしたデザイン。動画も最高に素敵です。

 



 

Kindleストアで、FCPXやMotionなど動画編集に必要な関連書籍が50%オフ中です。

7月11日なので気になる方はチェック。

(さらに…)

昨日のblog、「」というエントリーでも紹介したBMX BANDITSの「You’re So Fine」。

YouTubeでAlex ChiltonとTeenage Fanclub版がありましたのでご紹介します。

Teenage Fanclubのストレートなバンドサウンドに、Alex Chiltonのよれたギターが重なるそれぞれの持ち味を活かしたアレンジ。

このままリリースしてもいいんじゃないかと思うのですが、なぜかお蔵入り。

いつかリリースされることを期待します。